「解放」最新号(第2491号2017年10月23日)の内容

<1面>
11・12革共同政治集会に結集せよ
ロシア革命一〇〇周年
<戦争とファシズム>を突き破る革命的拠点を打ち固めよ
<4〜5面>
強化される対北朝鮮の臨戦態勢 1
 ◇日米共同実動演習(ノーザン・ヴァイパー)
 ◇九州の米・日両軍基地
<2面>
沖縄県学連が米軍ヘリ墜落・炎上事故を弾劾 10・12
<3面>
「朝鮮核戦争阻止!」
神戸大・奈良女大生が訴え 9・23 神戸
8・6国際反戦集会に参加して
東北道高速バス事故
<6面>
小池新党に加担する「連合」神津=相原指導部
Topics 外国人技能実習生へのインチキ「待遇改善」
<7面>
私鉄総連指導部の「交通政策要求実現」運動
<8面>
万華鏡2017――情勢の断層を読む
 ◆「トランプは●痴だ」
 ◆核のシェアリング
 ◆雷帝の逆襲
 ◆ウソノミクス
週間日誌〈世界の動き・日本の動き〉

 「解放」
   バックナンバー
2490/
2489/2488/2487/
2486/2485/2484/
2482-2483合併号
/
2481/
2480/2479/2478/
2477
/2476/2475/
2474
/2473/2472/
2471
/2470/2469/
2467-2468合併号/
2466/2465/
2464/2463/2462/
2461
/2460/2459
2458
/2457/2456/
2455/2454/2453/
2452
/2451/2450/
1750〜2449
home













  


11・12革共同政治集会に結集せよ

 ロシア革命一〇〇周年

<戦争とファシズム>を突き破る革命的拠点を打ち固めよ

米軍石平司令部に怒りのシュプレヒコール(10月12日)

 今われわれは、朝鮮核戦争勃発の危機の高まりのまっただなかにいる。北朝鮮の対米核攻撃能力の獲得を阻止するためには核兵器を用いた先制攻撃をも辞さないことを公言しているアメリカのトランプ政権と核弾頭搭載ICBMの開発・配備に猛突進している金正恩政権とが、軍事的挑発と威嚇を相互にくりかえしている。世界の嫌われ者<gランプ政権に世界で唯一つき従っている日本の安倍ネオ・ファシスト政権は、「北の脅威=国難」などと民族排外主義をあおりたて、アメリカの対北朝鮮軍事攻撃への参戦の意志をむき出しにしている。そして、反米の政治的包囲網を形成するという権力者的利害にもとづいて陰に陽に金正恩政権を支えているのがロシアのプーチン政権ならびに中国の習近平政権なのだ。
 こうしていま、米・日・韓と北朝鮮とが対峙し挑発しあう東アジアにおいて、朝鮮核戦争勃発の危機が、さらにはロシア・中国をもまきこんだ全世界での核戦争勃発の危機さえもが高まりつづけているのである。
 今こそわれわれは、第一次世界大戦のさなかに、第二インターナショナルの「祖国防衛主義」への転落に抗して「革命的敗北主義」のプロレタリア的原則を貫き、世界革命の突破口としてロシア革命を勝利に導いたレーニンとボルシェビキの革命的精神をよみがえらせなければならない。朝鮮核戦争を断固として阻止しよう! 日本の労働者・人民は、戦争狂トランプ政権に隷従し、対北核攻撃への参戦に突き進む安倍ネオ・ファシスト政権を打倒するために全力を傾注しようではないか!
 ロシア革命一〇〇周年をむかえた今日、この地球上から戦争と貧困と圧政を根絶することを熱願する全世界の労働者・人民は、ロシア革命の人類史的意義をかみしめ・その精神を二十一世紀世界によみがえらせなければならない。<戦争とファシズム>をつきやぶる革命的拠点をうち固めよ。今こそ<反帝・反スターリン主義>の深紅の旗のもとに結集せよ。すべてのたたかう労働者・学生は11・12革共同政治集会に結集しよう。

(以下、見出し)

<朝鮮核戦争阻止!>燦然と輝くわが革命的左翼の闘い

 NSC専制の日本型ネオ・ファシズム支配体制の強化を許すな

今こそロシア革命の革命的精神を甦らせ前進せよ

 ロシア十月革命――不滅の世界史的意義

 <反帝・反スターリン主義>の旗のもとに結集せよ

Top

  


強化される対北朝鮮の臨戦態勢 第1回


日米共同実動演習
「ノーザン・ヴァイパー」

 オスプレイを投入し地上侵攻訓練

 米日両権力者は、八月十日から二十九日にかけて、北海道大演習場(札幌、恵庭、北広島、千歳の四市)および矢臼別演習場(厚岸(あっけし)、浜中、別海の三町)において、日米共同実動演習「ノーザン・ヴァイパー(北の毒蛇)」を強行した。オーストラリア東部沖で墜落事故をひきおこしたばかりのオスプレイを投入し、主に在沖縄米海兵隊と陸上自衛隊部隊あわせて約三三〇〇名を動員したのだ。アメリカ本土に届く核ICBMの開発に突進する北朝鮮・金正恩政権にたいして、トランプ政権は、日本の安倍政権および韓国の文在寅政権を従えながら、核・ICBM開発を放棄しないならば先制攻撃も辞さないという恫喝を加えている。米韓合同軍事演習「乙支(ウルチ)フリーダム・ガーディアン」(八月二十一日〜三十一日)と連動するかたちで強行されたこの「ノーザン・ヴァイパー」は、まさしく、北朝鮮への地上侵攻に向けた米日両軍の予行演習にほかならないのだ。

以下、見出し

在沖米海兵隊を主力に緊急展開部隊を編成

 〔1〕オスプレイや輸送ヘリによる夜間急襲訓練

 〔2〕矢臼別では一日七五〇発以上の砲撃

 〔3〕米空軍、海自とも事実上の共同演習

米韓演習「乙支フリーダムガーディアン」とリンク

  


朝鮮出撃の最前線
 ――九州の米・日両軍基地

米日統合軍による対北攻撃の予行演習

 九月二十二日、防衛省は、九州北方・西方空域で日米共同戦闘機訓練をおこなう(九月三十日〜十月七日)ことを発表した。米空軍・三沢基地(青森)からF16戦闘機が六機、航空自衛隊・築城基地(福岡)からF2戦闘機が四機、それぞれ投入され、朝鮮半島直近の空域で「空中戦訓練」を強行するというのだ。対地・対艦攻撃をもおこなうF16とF2の共同訓練は、米日統合軍による北朝鮮攻撃の予行演習の一部にほかならない。
 四月以降、トランプ政権は、すでに十数回にわたってグアムの米軍基地から戦略爆撃機B1Bを朝鮮半島に飛ばしている。「米国と同盟国の防衛を迫られれば、北朝鮮を完全に破壊する」(国連演説)と叫ぶトランプ。この政権は、「B1で北朝鮮の二十四ヵ所のミサイル基地や実験場、関連施設を攻撃する」というシナリオにのっとって、日・韓両軍機を護衛につけて、爆撃演習をくりかえしている。
 また米軍は、三沢基地や横田基地(東京)から無人偵察機グローバルホークを飛ばし、はるか上空から「情報収集・警戒監視・偵察」(ISR)活動をくりひろげている。そして、六月につづいて十月にも核空母レーガンを日本海に突入させようとしている(米韓合同演習)。
 これらは、まさに金正恩政権にたいする軍事的脅迫以外のなにものでもない。
 安倍政権は、「必要なのは対話ではない。圧力だ」と喚きたてている。B1B爆撃機の出撃のたびに「米軍機との共同訓練」と称して、三沢(青森)・小松(石川)・築城(福岡)・新田原(宮崎)・那覇(沖縄)の各基地から空自戦闘機を護衛のために出撃させているのだ。
 戦争法〔改定ACSA(物品役務相互提供協定)〕を法的根拠に海自の補給艦ましゅう(京都・舞鶴基地所属)が米イージス艦に洋上給油をくりかえしてもいる。「隙のないBMD(弾道ミサイル防衛)対応」と称して二十四時間のミサイル迎撃態勢≠つくりだすために、日本国軍は米第七艦隊と完全に一体化し、海自イージス艦の常時展開だけでなく、米海軍への補給活動もくりひろげているのだ。
 日本本土では首都と国内主要基地を守るために空自が二十四もの迎撃ミサイルPAC3部隊を展開し、陸自は米海兵隊との戦闘訓練をくりひろげたり(北海道)、「基地警護」や「国民誘導」の任務についている。安倍政権は、北朝鮮の核開発の進展を「存立危機事態」と叫び、集団的自衛権行使の名のもとに、アメリカの対北朝鮮軍事行動に全面的に参戦するために日本国軍をフル動員しているのだ。
 軍国主義帝国としての凶暴性を丸出しにしているトランプ政権。これと日米核軍事同盟を結び属国ぶりをあらわにする安倍政権。彼らは、一昨年四月の「2+2」において策定した「新ガイドライン」にもとづき設置した「同盟調整メカニズム」をいまフルに運用している。米太平洋軍司令部・在日米軍司令部と自衛隊統合幕僚監部・自衛隊三軍各幕僚監部の各代表からなる「共同運用調整所」のもとで、「弾道ミサイルへの対応については、運用情報の共有や対処要領の整備などにより日米共同対処能力を向上させてき」た(二〇一七年版『防衛白書』二九二頁)ことにふまえ、現にいま米日(韓)統合の対北朝鮮軍事行動に踏みだしているのだ。
 トランプの国連演説を「宣戦布告だ」と叫び、「相応の超強硬対応措置の断行を慎重に検討する」(金正恩「声明」)と、いよいよ窮鼠猫を噛む≠謔、な心境にかられているのが金正恩なのである。こうして朝鮮核戦争の危機がいまますます切迫している。
 朝鮮核戦争の勃発を阻止するために、日本の地でたたかうわれわれは、在日米軍や自衛隊が日本の基地から朝鮮半島へ出撃していくことを断じて許してはならない。

以下、見出し

頻繁に米爆撃機B1を護衛
 築城・新田原の空自機

ミサイル迎撃態勢をとる米・日両海軍
 佐世保基地

 朝鮮半島への出撃を阻止せよ!

Top
 

  

    


改憲・戦争法是認の小池新党に加担する神津=相原指導部

 「連合」の脱構築をめざして闘おう

 十月四〜五日に、「連合」の第十五回定期大会が開催された。
 安倍による衆議院解散・総選挙のしかけと、前原民進党の実質的解党(=小池新党へのなだれこみ)。この政治的大激動のただなかで開かれた本大会において、神津・逢見らの「連合」指導部は、みずからが加担した民進党解体についての自己保身的弁明に汲々としながら、総選挙への対応不能ぶりをさらけだした。
 ちょうど三ヵ月前の「高度プロフェッショナル制度」導入の容認という大裏切り、これを主導した事務局長・逢見(三ヵ月前には「会長昇格」が内定していた)を「専従会長代行」という閑職に祭りあげたうえで、会長・神津は留任し、新事務局長には相原(自動車総連出身)を据えた。JCメタル主導≠より鮮明にしたこの新体制は、その船出から、民進党とそれを支持してきた諸労組を「希望の党」という名の新ファシスト党の支持基盤≠ニして売り渡すという新たな犯罪に手を染めたのだ。

以下、見出し

民進党解体に棹さした労働貴族

「持続的で包摂的な社会」の空叫び

「改憲論議」への参画を許すな

Top
 

  


低賃金・超長時間労働を打ち破れ!

 総連指導部の「交通政策要求実現」運動をのりこえ闘おう

私鉄総連第84回大会

以下、見出し

湧き起こる「安倍ヤメロ」の声
――困惑する委員長・田野辺

「長時間労働の改善」を求める悲痛な声が続出

「産業の維持・活性化」のための春討≠ヨの歪曲

反戦・平和の闘いの後景化を許すな!

秋季闘争の高揚を! 私鉄労働運動の戦闘的再生を!

Top
 

   

Top



  
10・12「米軍ヘリ墜落・炎上事故弾劾!」
沖縄県学連が緊急抗議 
 十月十一日午後五時二十分、沖縄本島北部の東村高江区の民間地に米海兵隊普天間基地所属のCH53大型ヘリが墜落し、爆発・炎上する大事故が引き起こされた。飛行訓練中にエンジンから出火した米軍ヘリは炎と煙に包まれ、三`bほど先の米軍基地内のヘリパッドまでたどり着くことさえできずに、民間の牧草地に墜落した(乗員七名は脱出)。
 怒りに燃えた沖縄県学連のたたかう学生たちは、事故翌日の十月十二日、東村高江区の墜落事故現場での闘いに、また在沖米軍石平司令部にたいする抗議闘争に連続的に決起した。
前外相・岸田の乗った車列に闘う部隊が肉迫、機動隊の弾圧をはねのけ怒りのシュプレヒコール
(10月12日、東村高江)
ヘリ墜落現場に進撃し権力の規制線の前で奮闘する学生
(10・12、高江)
Top