第2046号(2008年12月1日)の内容

<1面>
12・7革共同政治集会に総結集せよ
戦乱・経済大破局下の現代世界の危機を突き破る革命的拠点を築け

すべてのたたかう仲間に年末一時金の三割カンパを訴える
 日本革命的共産主義者同盟(革マル派)

<4〜5面>
八方塞がりの危機に喘ぐ日本経済 下
国難脱出へのよりマシな道≠提言
 「連合」の「希望の国日本へ舵を切れ」
「妊婦受け入れ拒否」の続発
<2面>
日米共同演習阻止に起つ
 米原潜オハイオの寄港を弾劾 11・12 沖縄
 米P3C飛来に怒りの拳 11・7 鹿屋
<3面>
対中・対露作戦計画にもとづく米日の一大軍事演習
■SM3発射実験が失敗!
<6面>
京品ホテル廃業=労働者全員解雇を許すな!
選挙宣伝への歪曲に怒り
 10・19日共系医療・介護集会
Topics 社会保障国民会議「最終報告」の欺瞞
<7面>
新日鉄八幡の大火災事故
 極限的コスト削減による安全対策放棄
<8面>
万華鏡2008――情勢の断層を読む
◆返郷潮
◆プラハの秋
◆「対テロ戦」の落とし子
◆厚さ6センチ
週間日誌〈世界の動き・日本の動き〉
 「解放」 最新号
 





  


12・7革共同政治集会に総結集せよ

戦乱・経済大破局下の現代世界の危機を突き破る革命的拠点を築け


 アメリカ型<カジノ資本主義>の総パンクを画した金融大破綻は、かつてはアメリカ帝国主義の屋台骨を支えてきた自動車産業の壊滅的危機をもたらし、いまや旧ビッグスリー≠ェそろって破綻寸前という未曽有の事態をもたらしている。このアメリカの金融危機・大不況は、世界各国を同時的かつ連続的に襲い、全世界各国の労働者・人民はおしなべて解雇・失業・賃下げと貧窮化の嵐にさらされている。
 どん底の危機に突き落とされたアメリカ労働者・勤労人民は、「チェンジ」を叫ぶバラク・オバマを大統領に選ぶことに、危機からの「脱出」の途を求めた。けれども、このアメリカ史上初めての黒人系大統領がどんなに「アメリカン・ドリームの再興」を叫びたてたとしても、ユニラテラリズムにもとづいて全世界に覇をふるい、労働者・人民に戦争と貧困・飢餓と環境破壊をおしつけてきたヤンキー帝国主義の破産とその「一超」世界支配の終焉を、けっしておしとどめることはできないのである。
 この「アメリカの終焉」をみてとって、同盟的結託をいよいよ強めている中・露の権力者どもは、反米国際包囲網を拡大し強化しながら、核軍事力の増強とそれぞれの勢力圏の拡大に狂奔している。独=仏枢軸のEU連合諸国権力者もまた、NATO同盟の再編とEU経済圏の拡大にのりだしている。そうすることによっていまや、<米・日連合>と<中・露主導の経済新興諸国・開発途上諸国連合>と<仏=独枢軸のEU連合>という<三極>のあいだの争闘戦が、新たな次元において開始されつつあるのだ。
 いまわれわれが直面しているのは、国家独占資本主義の新自由主義的再編成という末期資本主義の最後の延命策の壮烈な破産と米―中・露の政治的・軍事的・経済的角逐であり、これをインパクトとする二十一世紀世界の新たな大動乱――戦乱と貧窮化と環境破壊の一挙的激成!――への突入にほかならない。
 この世界的な危機激成に仰天して、独占資本家どもとその政府の「救国」・「危機脱出」の大合唱に唱和し、労働者・人民の不満の抑えこみに狂奔しているのが、先進資本主義諸国・なかんずく日本の労働貴族どもである。そして、「健全な資本主義への転換」なるものを求めて労働者・人民の怒りの吐(は)け口を修正資本主義の方向へと誘っているのが、転向スターリニスト党たる日本共産党の不破=志位指導部なのである。
 いまこそ、わが反スターリン主義革命的左翼は、この既成指導部の度し難い腐敗をのりこえ、日本帝国主義国家権力者・独占資本家階級の攻撃をはねかえす闘いを創出していくために、それをつうじて労働者階級の階級的覚醒と組織化を飛躍的に前進させていくために、粉骨砕身たたかうのでなければならない。
 二十一世紀現代世界の危機と腐蝕を突き破る思想的=組織的拠点をうち固めるために、すべての労働者・学生・市民は、12・7革共同政治集会に結集せよ!

見出し
「一超」世界支配の完全なる終焉

「アメリカン・ドリーム」の幻夢

迷走*ヰカ政権下で危機に喘ぐ日本帝国主義

貧窮と戦乱に喘ぐ全世界労働者・人民と共に決起せよ!
Top

   


すべてのたたかう仲間に年末一時金の三割カンパを訴える

 日本革命的共産主義者同盟(革マル派)


 同志諸君! たたかう労働者・読者のみなさん!
 いまや現代世界は国際金融恐慌勃発寸前の危機にある。迫りくる恐慌の足音におののく米・日・欧と中・露主導の新興諸国の権力者どもは、金融危機の突破策をみいだせないまま、非和解的な対立をあらわにしている。独=仏枢軸のEU連合と中・露は、<ドル支配体制>をうち砕くためにこそ、それぞれ新たな通貨・経済ブロックの形成・強化につきすすんでいるのだ。米日・EU・中露の<三極>間の新たな性格の経済的争闘戦が激化しているのである。
 国際金融大破綻と世界同時不況の大津波に襲われた日本独占ブルジョアジーは、危機の乗りきりをかけて、労働者・人民にいっさいの犠牲を転嫁しようとしている。非正規雇用労働者を雇い止めにし、新規雇用の抑制、中小の下請け業者への発注打ちきりなどを強行しているのだ。
 耐えがたいまでの貧困にたたきこまれている労働者・人民は、いまや独占資本家どもによって冬の路頭に放りだされている。だが、「連合」労働貴族どもは、〇九春闘にむけて「賃上げ要求」を口にしてはいるものの、その内実たるや、「日本経済の底割れを回避するため」などというものだ。まさに未曽有の経済危機において、独占資本家どもによる危機のりきりの手先となって諸攻撃のいっさいを受けいれる構えをとっているのが労働貴族どもなのだ。
 われわれは、日本階級闘争の危機的現実を突破するために全力で奮闘しようではないか。「連合」指導部の抑圧をはねのけ、独占資本家どもによる首切り・雇い止め、賃下げ攻撃を打ち砕け! 総選挙をめぐる自民・民主の政治的駆け引きに一喜一憂し票田開拓にうつつをぬかしているにすぎない日共指導部の腐敗を弾劾せよ! 金融大破綻・大不況の労働者・人民へのツケ回し=犠牲転嫁に反対する政治経済闘争と米・露激突による世界大戦勃発の危機を突き破る反戦反安保闘争とを一体的に推進し、ガタガタ麻生政権を打倒せよ!
 国家権力の弾圧を打ち砕き、反スターリン主義革命的左翼の強大な戦列を構築するために奮闘しよう。『共産党宣言』一六〇周年のいま、マルクスの精神を現代に甦らせ、どんづまりの資本主義を革命的に変革するための力を国際的にも創造しよう。
 こうした闘いを実現するために、すべてのみなさんが年末一時金の三割カンパを寄せられるよう心から訴えます。
 (二〇〇八年十一月)

<送り先>
 東京都新宿区早稲田鶴巻町五二五―三 解放社(振替・〇〇一九〇―六―七四二八三六)
Top
 

   

八方塞がりの危機に喘ぐ日本経済 下

T 金融大破綻・大不況の犠牲を労働者・人民に転嫁する麻生政権

U 日本経済の基盤的脆弱性の露呈

 A アメリカナイズ≠ウれた日本金融市場の矛盾の噴出
 B <対米輸出依存>の政治経済構造の矛盾露呈

(第二〇四五号)

V 三極争闘戦下で生き残りを模索する日本帝国主義
(第二〇四六号)
Top


  
11・12沖縄 「米原潜オハイオの寄港弾劾!」
労学がホワイトビーチで抗議 日米共同演習阻止に起つ
 十一月十二日、沖縄平和運動センターが主催して米原子力潜水艦オハイオのホワイトビーチへの寄港に抗議する緊急集会が開催された。琉球大学と沖縄国際大学のたたかう学生たちは、平和運動センター傘下の労働者たちとともにホワイトビーチが一望できる丘の上に結集して断固たる抗議行動をくりひろげた。
ホワイトビーチに停泊するエセックスなどの米軍艦船に怒りの拳を叩きつける労・学
(上下ともに11月12日、うるま市勝連)
Top

  
11・7鹿屋 米軍P3C飛来に怒りの拳
闘う鹿大生が労組員と連帯し奮闘
 十一月七日、鹿児島県鹿屋市において、「11・7日米共同訓練反対集会」(「鹿児島に米軍はいらない県民の会」・「鹿屋に米軍はいらない大隅住民の会」共同主催)が開催された。鹿児島大学のたたかう学生たちは、この集会に参加し、結集した約三〇〇名の労組員・市民とともにたたかいぬいた。
結集した労働者三〇〇名と共に「日米共同演習阻止!」の声をあげる鹿大生
(11・7、鹿屋市)
Top